津久見市ふるさと振興祭〜保戸の味〜

毎年10月末の週末に開催されている、津久見市の『ふるさと振興祭』が、3年ぶりに開催されました。

保戸島では、暗いうちから仕込みをして、朝8時までに港へ持ち込み、各お店で作られた物を船に乗せて四浦半島の間元まで運びます。

この日は、風が強く、少し波もありましたが、無事間元に到着!

ここから更に、車に乗せて会場のつくみん公園まで約30分かけて運びます。


※以前より間元から保戸島へ橋をかける計画があります。

今回は10種類を販売しました。

初日には、30分ほどで、ほぼ完売という人気ぶりでした。

2日目は販売数を増やしたのですが、、、

朝水揚げした、生きた伊勢海老も販売しました!

津久見高校の2年生が、3名お店の手伝いをしてくれました。

すごい数のお客さんが押し寄せ、バタバタの販売となりましたが、頑張って対応してくれました。

本当にありがとうございました。

ふるさと振興祭では、はじめてという長い行列は、会場を飛び出しました!!


「この行列は何?」「こんなのはじめて見た」「何を売ってるの?」「昨日買えなかったから早くきたけど」「今日は買えるかなぁ」「早く来てたのに、こんなことになってるとは」「もっと早く来ればよかった」「かずまきあるかなぁ」「ひじき飯買えるかなぁ」「保戸島のひじき飯だと思って買ったら、違うお店だった」「保戸島すごいなぁ」、、、などなど

最後尾でパネルを持って立っていると、たくさんの人が声をかけてくれました。

この日も30分ほどで、ほとんどが完売しました。

ご購入いただきありがとうございました。

楽しみにしていたのに買えなかった皆さま、すみませんでした。

完売したあとも「ひじき飯ないの?」という人がたくさんいました。


普段は保戸島でしか販売していない物なので、どうしても食べたい方は、保戸島まで足を運んでお買い求めください。

次回『第7回 つくみ軽トラ市』で、保戸島のうまいもんを販売しますので、是非お越しください。

保戸島の物は美味しいということが、これまでの販売や口コミで広まってきているみたいです。

今回のようなことが再び起こる可能性がありますので、お早めのお越しをお勧めします。


【第7回 つくみ軽トラ市】

日にち・12月11日㈰

時間・10:00〜14:00



行列情報

津久見市ふるさと振興祭

10月30日㈰・10:00販売開始


09:30→20名

09:36→29名

09:43→46名

09:54→61名

10:00→76名

10:09→93名

10:14→100名

10:30→120名

※写真で確認できる人数であり、正確ではありませんので、次回の参考程度にしてください。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square