top of page

VICOLO保戸島〜保戸のうまいもん〜完結!!

3月23日(土)に保戸島で開催されたイベント『第2回 VICOLO保戸島〜つまみ食い路地』の様子を紹介していますので、ご覧ください。

イベント前日から、市役所2名と保戸島の有志により、のぼりやテント、椅子などをスタンバイして、夜は翌日の打ち合わせ!

ビーコロ開催時に、餅まきを行うため、前日の16時〜22時まで仕込み(もち米57㌔)を行いました。

朝早くから準備がはじめられ、津久見からは朝一番の便で保戸島に上陸して、お客さんを迎える準備がバタバタと進みました。

9時15分着の船が保戸島に到着し、ビーコロ保戸島が開幕しました。

開会式では、保戸島のこれからの繁栄を願って、餅まきを行いました。

定番のひゅうが丼、ひじき飯やサザエ飯、などのご飯もの、

普段はないパンも登場

まぐろのこわた(胃袋)や角煮などの惣菜、

レモンケーキやかずまき、ごま豆腐や和まんじゅうなどの定番スイーツ、

ふるさと振興際やつくみ軽トラ市などでは販売されていない保戸島の『うまいもん』が大集合!!

島外からのお客さんや島民で賑わいました。

買いに来てくれたお客さんだけじゃなく、販売している島民やイベント関係者など、みんなが笑顔で楽しそうに過ごしている姿が印象的でした。

保戸島でこれだけの人が集まるのは、夏祭りとお盆くらいなもので、活気あふれるイベントが開催できて良かったです。

13時20分発の定期船を皆で見送ってイベント終了です。

イベント後、すべての片付けを終えて、津久見まで海上タクシー『みちか』で帰路につきました。


イベント関係者の『まかない料理』も保戸島ならでは、ひゅうが丼、クロメの味噌汁(ホゴ出汁)、ハマチ刺し身、こわたお吸い物!

私も、活かしておいて朝捌いたホゴとハマチを提供させてもらいました。


最後に、

皆様のお陰で、5年ぶりに第2回となる『VICOLO保戸島〜つまみ食い路地』を開催でき、大盛況で無事に終えることが出来ました。

関係者の皆様、協力いただいた島民の方、お越しいただいた方、本当にありがとうございました。

また次回開催する際も、宜しくお願いいたします。


ブログ記事:保戸島情報発信局『保戸島の輪−ほとのわ』松本 将利

Comentarios


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page