【津っぱく】続:気ままで自由な島旅!!

観光客へオススメの保戸島名物!!

路地裏散策!

日本一狭いかもしれない県道の終着点は階段!?

階段や坂道の登り降り!


「こんな狭い道でタンスとかどうやって入れるんだろう」そんな話をしたあとに、その答えが

「これから、あの船で冷蔵庫が来るんよね」

そこから冷蔵庫に興味深々でした。

船の船首に緑のシートに包まれた冷蔵庫がやってきました。

双眼鏡でその様子を観察中!

男性5人で巨大な冷蔵庫を持って、91段の階段を登り、家の中まで運び込みました。


なかなか見れないレアな光景!

透き通っていてキレイな海と街並みを見ながら、購入した『いも餅』をいただきました。

現役の赤ポスト、キレイなタイルの壁、不思議な廃墟、郵便局のATM、かわいい顔のレンガ!

こんな何気ない風景も保戸島の魅力のひとつです。

保戸島で唯一の食堂は予約でいっぱいだったので、この日は外でお弁当!

海、船、街、山、青空、ポカポカ太陽、心地良い風、お弁当が更に美味しくなるシチュエーションです。

最後に記念撮影をしてお見送りです。

島旅の思い出に撮影した写真をプレゼントしました。


令和4年10月22日で、保戸島情報発信局『保戸島の輪−ほとのわ』は、開設4年を迎えました。

これからも、保戸島の情報発信、島おこし活動をできる範囲で行っていきますので、今後とも宜しくお願い致します。

 松本 将利

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square