保戸島うまいもん紹介〜魚頭塩煮の作り方〜


誰でも簡単【魚の塩煮】をご紹介! 特に美味しいのが、魚の頭です でも、鍋に入れるのに大きくて入らない そんな時は、、、こうします!!!

上唇からエラまでの身がついていない部分をすべて切り落とす

こんなに大きいブリの頭も、こんなに小さくなります

こんなに歯の鋭いサワラも

こうなります

【塩煮の作り方】 ①捌いた魚に塩をふります ②冷蔵庫で最低5時間ほど寝かせます ③かるく湯引きをして血をおとします ④鍋に魚を入れたら酒(大さじ1杯)と水を入れる ⑤落し蓋をして15〜20分ほど煮る 【補足】 塩をした魚は冷蔵庫で3日ほど保存できます 味の濃さは水の量で調整してください(目安は魚が半分浸かる程度) しっかりと血を落とせば臭みは出ませんので、生姜は入れないことをオススメします ※魚の臭みとりは塩とお酒で!!

鯛などは出汁が美味しいので、うどんの汁にも使えて最高です 特に『長崎の五島うどん』は、麺に椿油が練り込まれており、のびにくいのでオススメです

普通に大分のスーパーでも売っています ぜひ、お試しください

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square